ニュース一覧

近年は複雑な性能を持つ

ドリル

交換時期の目安

マンションや一戸建てなど、住宅についているタイプのインターホンはドアホンとも呼ばれています。最近のマンションでは、マンション全体の入り口にインターホンが取り付けられ、マンションに入るときに来訪者を確認し、その後自室のドアの前で再度来訪をつげるという仕組みになっています。二重でインターホンを設置することにより、防犯性を高めているのです。従来のインターホンは、呼び鈴とも呼ばれており、単に音を鳴らして来訪をつげるという機能のみでした。ですが、近年のインターホンはどんどん多機能化、高性能化してきており、複雑で精密な構造を持つようになっています。近年はカメラ付きで、来訪者の声だけでなく姿も写すという機能がついています。録画機能がついているものも多く、不在時の来訪者を後から確認することができます。当然姿が見えた方が侵入者を防ぐには有効なので、セキュリティーが優れたマンションはほとんどこのタイプとなっています。ただ、このように精密なインターホンは、劣化も早いという特徴があります。きちんとした点検と保守を行っていても、部品が精密で構造が複雑なために早く劣化してしまうのです。目安としては、15年が交換時期だと言われています。海辺や風の強い地域、温泉地帯などではより劣化が早いので、それより早く交換する必要があります。インターホンは基本的な防犯設備と思っているだけに意外と使えないことに気づかない人も多いものです。いざという時のためにも定期的な点検が必要です。

オススメ記事

工具

録画機能が付いた商品

マンションなどの集合住宅で生活をしている人は、各部屋にインターホンを設置しています。昼間は留守になりがちな家では、空き巣などの被害が心配な人がほとんどです。録画機能が付いた最新の商品を設置すると、防犯性を高めることができます。

インターホン

機能の充実度や生産時期で

インターホンは、機能が充実しているほど防犯効果と価格が高めとなっています。また高性能でも、生産終了が近い機種や後継機が販売された機種は、激安価格で販売されています。開発した業者が販売している機種も、中間マージンが含まれていないので激安価格となっています。さらに取り付け工事も、安い料金で依頼可能です。

婦人

機能と方法について

セキュリティ機能付きのインターホンは訪問者の録画、緊急時の警報音がついたインターホンの事で、防犯対策の一つとして高齢者から人気があります。配線工事の必要がない場合は自分で、工事が必要な場合は業者を呼んでインターホンを交換してもらうようにしてください。

ドリル

近年は複雑な性能を持つ

インターホンは性能が複雑になってきており、マンションでは二重で設置してあることも多いです。二重で設置することで防犯性が高まるというメリットがあります。複雑になると劣化が早いので、定期的に点検し、交換することが重要となります。

Copyright© 2017 インターホンを録画機能付きの製品に交換しよう|防犯対策にピッタリ All Rights Reserved.