ニュース一覧

管理会社と相談しよう

男性

オートロックも多い

高層マンションの場合、玄関ドアにインターホンが付いているのではなく、マンションの共同玄関口にインターホンが付いていることがあります。つまり、訪問者はそこで訪問の意図を伝えなくてはなりません。不審者など、相手が反応しない場合にはマンションの共同玄関も開けてもらえないことがあります。こうして不審者の侵入を防ぐマンションが増えてきているのです。このような集合住宅に住んでいる場合には、インターホン一つを変えるだけでも手間がかかります。故障したり新しいものに変えたりしたい場合には、管理会社や大家さんに相談しなくてはなりません。持ち家であったとしても、勝手に変えられないことがあります。一方、3階建て程度の旧式なマンションでは、共同のエントランスなどがなく、直接、各戸に行けるようになっています。この場合には、当然、各戸の玄関にインターホンが付いています。不審者を撃退したい場合などのためにも、カメラ付きのものを取り付けておくと安心です。そうすれば、ドアを開けることなく撃退できます。特に、集合住宅は隣室の人の顔も知らないという人が多いことから、防犯対策を徹底しておいた方がいいかもしれません。監視カメラが付いているマンションも多くなっています。インターホンにも録画機能が付いているものが多いため、機能性を重視してより良いものを選びましょう。また、マンションの修繕工事などをきっかけに最新のものに一斉に交換することもあります。

オススメ記事

工具

録画機能が付いた商品

マンションなどの集合住宅で生活をしている人は、各部屋にインターホンを設置しています。昼間は留守になりがちな家では、空き巣などの被害が心配な人がほとんどです。録画機能が付いた最新の商品を設置すると、防犯性を高めることができます。

インターホン

機能の充実度や生産時期で

インターホンは、機能が充実しているほど防犯効果と価格が高めとなっています。また高性能でも、生産終了が近い機種や後継機が販売された機種は、激安価格で販売されています。開発した業者が販売している機種も、中間マージンが含まれていないので激安価格となっています。さらに取り付け工事も、安い料金で依頼可能です。

婦人

機能と方法について

セキュリティ機能付きのインターホンは訪問者の録画、緊急時の警報音がついたインターホンの事で、防犯対策の一つとして高齢者から人気があります。配線工事の必要がない場合は自分で、工事が必要な場合は業者を呼んでインターホンを交換してもらうようにしてください。

ドリル

近年は複雑な性能を持つ

インターホンは性能が複雑になってきており、マンションでは二重で設置してあることも多いです。二重で設置することで防犯性が高まるというメリットがあります。複雑になると劣化が早いので、定期的に点検し、交換することが重要となります。

Copyright© 2017 インターホンを録画機能付きの製品に交換しよう|防犯対策にピッタリ All Rights Reserved.